個別指導よすが学院公式ブログ|独学で極めるための勉強法

よすが学院の院長が独学で勉強する際に手助けになる勉強法を綴っていきます。受験生から社会人まで幅広い層で使えるノウハウになっていますので是非ご活用ください。

中学生になったら塾に通わなくてはいけないのか

中学生になったからといって、直ちに塾に通う必要が出るとは限りません。学校の勉強にきちんとついていくことができていれば、まずは問題ないでしょう。しかし、明らかについていけないときや、自分の学力と比較してレベルの高い学校を目標にする場合には周…

予備校に通うべきか、宅浪すべきか。

一年間浪人生活を送るにあたって、予備校に通うのか宅浪するのか迷う方は多いでしょう。予備校に通う場合は、単科で通い、必要最低限受講するようにしましょう。多くの講座を受講してしまうと予備校の座席を温めるだけの一年になってしまいます。宅浪する場…

さっそく北辰テスト

北辰図書から1年生、2年生向けのテストの案内が届きました。 テストの形式が難しくなりましたので、早いうちからの弱点把握とテストへの慣れが必要になってくると思われます。 人気ブログランキングへ よすが学院 | 南浦和・武蔵浦和の個別指導塾 ←お問い…

サポート校とはなにか

サポート校という言葉を耳にすることが多くなりました。サポート校という言葉に対する厳密な定義は存在していませんが、最初に思い浮かべるのは、広域制の単位制通信制高校です。不登校を経験した生徒にとって、通常の全日制高校と比べ卒業が容易でしょう。…

普通科と専門学科(高校受験)

以前よりも専門学科を選択する受験生が増えています。進学よりも手に職をつけようという傾向のあらわれです。大学よりも就職の面倒を学校がきちんと面倒をみてくれるのも安心でしょう。また、専門学科の生徒も推薦で大学などに進学することが可能です。資格…

解かないとできないセンター試験

大学入試センター試験の試験日が近づいてきました。センター試験の問題のうち8割は正答率が5割を超えているといわれています。是非、8割の得点を目指してがんばりたいですね。 センター試験は問題そのものの難易度はそれほど高くはありませんが、択一の独…

志望者数と倍率(埼玉県公立高校受験)

学校による進路調査が集計され、高校ごとの倍率が新聞に度々掲載されます。志望校選びの参考にする方もいますが、最終的な倍率は出願後の発表を待たなくてはなりません。志望校の選択には昨年の倍率を参考にした方がいいでしょう。1度出願した後に志望先変…

調査書はどれくらい合否に影響するのか(高校受験)

この次期になると県立の志望校をどうするのかという相談をよく受けます。高校ごとに「入学者選抜基準」が公表されています。各学校のホームページから閲覧できるようになっていますので、興味のある学校は確認するようにしましょう。当日の学力検査と調査書…

冬休み、年末年始の勉強法

冬休み、年末年始は、受検までにまとまった時間をとることができる最後の時期ですので、その過ごし方はとても重要です。 ある程度学習が進んでいる方は、本番に近い形式の問題を多く演習する必要があります。 まだ、勉強が進んでいないという方は、知識の暗…

冬休みから始める受験勉強(高校受験)

まだ勉強らしい勉強を家庭でしたことがない受験生もいることでしょう。新年になっても、入試まで丸2ヶ月残っています。残り少ない時間に優先的に取り組むべきことを紹介します。国語埼玉県公立では作文が必ず出題されます。指定の文字数まで書くことができ…

北辰テスト(2014年12月実施)総評

新傾向になってから4回目の試験で慣れてきたのでしょうか。当院の生徒たちはこれまでで一番健闘しました。入試本番に向けて気を緩めずに学習に励んでもらいたいと思います。国語(平均57.7点)普段と同程度の難易度でした。文法は特によく出題される「…

勉強と部活どちらが大事か

子どもの価値観によってくると思います。部活が大事な子と、とりあえず入っている子もいます。成績不振になると、部活よりも勉強に力を入れて欲しいと保護者の方が思うのはもっともなことだと思います。しかし、部活はやはり大事だと思います。部活をしなが…

中学準備講座は必要?

多くの学習塾で新中学生向けの講座がスタートしているようです。来年度の生徒を早期に獲得する狙いがあるようです。以前の記事でも述べましたが、塾に通い始めるのは、必要だと感じたときで遅くないと考えています。 ただ、中学に進学するのとは違い、高校に…

直前期の予備校の活用法(大学受験)

冬期講習や直前講習のセンター試験対策講座のうち、テストゼミ形式のものは受講して良いでしょう。センター試験は解答時間が足りなくなってしまう場合が多くなっています。直前に集中的に演習に取り組みたいところですが、独学ではどうしても甘くなってしま…

一般入試か指定校推薦か(大学受験)

どちらにも長所と短所があります。一般入試では、試験本番の点数さえ得ってしまえば合格することができます。 私立の場合は教科数を絞ることもできますから、勉強の負担が軽くなることもあります。ただし、合格発表のそのときまで合否は当然わかりません。中…

北辰テスト(2014年11月実施)総評

新傾向問題になって3度目となりましたので、きちんと学習に取り組んできた子はだんだんと慣れてきたようです。自分が解ける問題とそうでない問題を見分けて取り組むことが必要です。 国語(平均60.8点)作文をきちんと書けば、必ず得点につながることも…

志望校選びのポイント(高校受験)

共学か男女別学かもちろん、その子次第なのですが、進学という観点からみると女の子のほうが定期テストに力を入れる子が多い印象を持っています。指定校推薦を狙うなら男の子は男子校を考えてみてもいいかもしれません。学校内のコース最近は、同じ学校でも…

現役で進学すべきか、もう一年浪人するべきか。

自分の気持ち次第です。どうしても、もう一年頑張りたいのであれば、そうするべきでしょう。その自信がないのであれば、大人しく合格した大学や専門学校に進学するべきです。数年遅れて大学に入学したからといって、それがただちに就職で不利にはたらくわけ…

肩こりに悩まされる

私も肩と首がつらいです。私の生徒たちも高校生以上はだいたい肩がつらそうです。特に定期テストや模試などは緊張しますので、余計にひどくなりますし、そのせいで実力が発揮できないのは悔しいですね。私も自宅ではにおいの強い薬をベタベタ塗っていますが…

生活リズムを朝型にするためには

とにかく朝起きることです。次第にそれが定着していきます。ただ、それには相応の動機付けが必要です。朝に起きることができない人は特に強い動機を用意する必要があるでしょう。ただ、私は勉強さえできれば必ずしも朝型の生活リズムにしなくてはならないと…

過去問はいつから取り組むべきか

過去問は、志望校が要求する学力が身についた時点で取り組んでみましょう。「過去問が出来る=本番で出来る」では決してありません。ときどき、基本を取り組まずに、過去問だけやればいいと考えている方を見かけることもあります。基本的な学力がついていな…

英単語を覚える重要性

暗記をすれば勉強ができるのは間違いだとおっしゃる方も多いのですが、暗記をしないと勉強ができるようになりません。英語を勉強する際、単語は文章を読みながら覚えなさいという方もいますが、単語を覚えてないと英文を読むことがそもそもできません。私自…

教材は必要最小限に

使用する教材は最小限になるようにしましょう。たくさん購入すると頭がよくなった気がしますが、たいていはやりきることができません。効率的に学習を進めるためにも現在の学力から目標までの最短コースを進まなくてはいけません。 人気ブログランキングへ …

北辰テスト(2014年10月実施)総評

新傾向問題となって2度目の実施です。昨年と比較して難化した状態が続いています。今後もこの傾向が続くと考えた方が良いでしょう。国語(平均点50.8点)時間が足りないという生徒が多くいるという印象を受けました。長文2題に古文や語句の問題に作文…

眠くなったときはどうしたらいいか。

いくつか選択肢があります。一つは眠いのだから寝てしまい、起きてから再度勉強するというものです。長時間寝てしまうと勉強する時間がなくなってしまいますから、15分から30分程度の睡眠に留めておきましょう。次にお決まりですがカフェインを摂ること…

国語の勉強法

自分のレベルに合った問題を多く解くことが必要です。国語をどのように勉強したら良いかわからないという声をよく聞きますが、私は国語は実技教科だと考えていますので、理屈を抜きにして多くの問題にあたるべきだと考えます。そうはいっても、文章を読んだ…

通信教育は有効な勉強法か。

書店で自分に合った教材を購入し取り組んだ方が良いでしょう。特に勉強が苦手な子にとって、進研ゼミやZ会などの通信教育を利用するメリットは多くありません。まず、通信教育は費用が高いです。高い費用を払って得られるメリットは書店で教材を選んで購入し…

良い家庭教師や塾の選び方

一番重要なことは、保護者の方や、生徒さん本人が先生のことを信頼できそうか否かです。特に家庭教師の場合、家にあげるわけですから、よく見極めた上でお願いしなくてはなりません。そして、塾に通ったり、家庭教師をつけたりしても、残念ながら必ずしも成…

大学受験生にとって予備校は必要か?

浪人生の場合は、予備校を活用しても良い場合がありますが、特に現役生の方は予備校に通う必要はないように考えます。大学受験をするとなると、必ず予備校に通わなくてはならないように思われている方が多いと思います。以前も述べましたが、学校や予備校の…

志望校の選び方(大学受験)

一番望ましいのは、学びたい学問を決めてから大学を選ぶことです。学びたいことを学ぶことが出来る大学をピックアップし、その中から良いと思った大学を選んでいきましょう。大学で何を勉強したいかわからないという場合は、是非何を学びたいか一度考えて欲…